mapメソッド

mapメソッドとは

mapメソッドは、配列の全てのデータに対して繰り返し処理を実行し、その結果から新しい配列を生成します。

mapメソッドの使い方-1

arrayのデータに対して1つずつコールバック関数で定義した処理を実行し、new_arrayに格納します。

var array = 配列データ;

var new_array = array.map(コールバック関数);

実行例

// 配列を定義
var numbers = [1, 2, 3];

// numbersのデータを2倍し、doubleNumbersに格納
var doubleNumbers = numbers.map(function(number) {
  return number * 2;
});

console.log(doubleNumbers);

実行結果

[ 2, 4, 6 ]

mapメソッドの使い方-2

オブジェクトから必要な情報のみ抽出する際にも使用できます。

実行例

returnでitem.priceを指定することで、価格の情報のみを配列に格納することができます。

var items = [
  { name: 'きゅうり', quote: 3, price: 100 },
  { name: 'バナナ', quote: 12, price: 300 },
  { name: 'セロリ', quote: 9, price: 250 },
  { name: 'オレンジ', quote: 8, price: 500 },
];

var prices = items.map(function(item) {
  return item.price;
});

console.log(prices);

実行結果

[ 100, 300, 250, 500 ]

コメント