アロー関数

アロー関数とは

アロー関数とは、ES6で追加された無名関数の省略記法です。

アロー関数の使い方

従来のJavaScriptで無名関数を使用する際には下記のように記述しました。

const add = function(a, b) {
  return a + b;
};

アロー関数を使用するためには、functionを消去し、引数のカッコの後に「=>」を記述します。

const add = (a, b) => {
  return a + b;
};

アロー関数での記述方法は以上ですが、いくつか例外があります。
評価項目が1つの場合は下記の様に、中括弧およびreturnを消去し、1行で記述することが可能です。

const add = (a, b) => a + b;

また、無名関数の引数が1つの場合には、引数のカッコも消去することが可能です。
引数が複数ある場合や引数がない場合にはカッコが必要になります。
この記述が最も省略された記述方法となります。

const double = number => number * 2;

アロー関数の使い方(map関数)

map関数などもアロー関数を使用することでかなりコンパクトに記述が可能となります。

アロー関数を使用しない場合

const numbers = [1, 2, 3];

doubled_numbers = numbers.map(function(number) {
  return number * 2;
});
console.log(doubled_numbers);

アロー関数を使用した場合

const numbers = [1, 2, 3];

doubled_numbers = numbers.map(number => number * 2);
console.log(doubled_numbers);

コメント