2019-01

JavaScript

アロー関数

アロー関数とは アロー関数とは、ES6で追加された無名関数の省略記法です。 アロー関数の使い方 従来のJavaScriptで無名関数を使用する際には下記のように記述しました。 const add = function(a, b) ...
JavaScript

テンプレートリテラル

テンプレートリテラルとは ES6で新しく使えるようになった構文でテンプレートリテラルを使うと、文字列の扱いが便利になります。 テンプレートリテラルの使い方 バッククオートで文字列を囲みます。 バッククオートで囲み、更に ${}で囲んだ...
JavaScript

constとlet

constとletとは JavaScriptではこれまで変数はvarで宣言していましたが、ES6からconstとletが追加された変数の宣言方法です。 constとletの使い方 const 定数(変更の予定のないもの)を宣言します。...
JavaScript

reduceメソッド

reduceメソッドとは reduceメソッドは配列データを累積して1つの値にします。数値であれば全ての値を合計した値を算出し、文字であれば全ての文字を繋ぎ合わせた1つの文字列が取得できます。 reduceメソッドの使い方 reduc...
2019.01.17
JavaScript

some/everyメソッド

some/everyメソッドとは someメソッドは配列のデータが条件を1つでも満たす場合にtrueを返します。 everyメソッドは配列が条件を全て満たす場合にtrueを返します。 some/everyメソッドの使い方 someの場...
2019.01.17
JavaScript

findメソッド

findメソッドとは findメソッドは、配列のデータから特定の条件のデータを検索します。 findメソッドの使い方 itemsのデータに対して1つずつコールバック関数で定義した条件でチェックし、特定のデータをfound_itemに格...
2019.01.17
JavaScript

filterメソッド

filterメソッドとは filterメソッドは、取得したいデータの条件を「コールバック関数」に書くことで、任意のデータを抽出し、新しい配列を生成します。 filterメソッドの使い方 itemsのデータに対して1つずつコールバック関...
2019.01.17
JavaScript

mapメソッド

mapメソッドとは mapメソッドは、配列の全てのデータに対して繰り返し処理を実行し、その結果から新しい配列を生成します。 mapメソッドの使い方-1 arrayのデータに対して1つずつコールバック関数で定義した処理を実行し、new_...
2019.01.17
JavaScript

forEachメソッド

forEachメソッドとは forEachメソッドは、配列データに対して繰り返し処理を実行するメソッドになります。 forEachの使い方 arrayのデータに対して1つずつコールバック関数で定義した処理を実行します。 var a...
2019.01.17